僕の物語

こんにちは、りゅうです。

このページでは、
・ネットビジネスで初めて2万円稼げたときの話
・受験生時代、1ヶ月で偏差値20上げた話
・1億円経営者と出会って、言われた一言
・なぜ、今のビジネスをやるに至ったのか
みたいな話をしていこうと思います。

ビジネスを始めた当初、
こんな話が聞けたら
もっと早く成果が出たのにな。

と僕自身思うような内容になっています。

それではどうぞ。

僕は怪しい いきなりですが、
僕は怪しいです。

意味不明だと思いますが、
読み進めてもらうと分かります。

とりあえず、
簡単な自己紹介から始めますね。

僕はネットビジネスというものをやって、
お金を稼いでいる学生です。

ちなみに収益は勝手に上がってくるので、
何もしなくても稼げる状況です。

まあそんなことはどーでもいいんですが、
この自己紹介、

くそ怪しくないですか?笑

まずネットビジネスっていう響きがやばい。
詐欺っぽい笑

僕がこれ見たら、
間違いなく思います。

「なんだこいつ。怪しいわー。」

って。

だから、どうやったら怪しさが出ない自己紹介ができるか考えたんですけど、

僕の頭ではあの自己紹介で
精一杯です笑

まあ1つ現実味があることを言うと、

ある程度稼げるようになるまでの道のりは、ほどほどに長かったです。

具体的にいうと、
ちゃんと始めてから2週間ほどで稼いだのは、
2万円です。

ちょーリアルじゃないですか?

2万円とか。

これをうまい話ととるのか、
まずい話ととるのか、
分かりませんが、

僕はこんな感じでした。

その後は、
少しずつですが
徐々に増えていきましたね。

この世界では、

1か月やって1万円の人もいれば
3年やって0円の人もいます。
はたまた3か月で100万円とか。

ネットビジネスって
面白くないですか。

完全実力主義の世界。

実力に応じてお金がもらえます。

あ、ちなみに僕が割とすぐに稼げたのは
学んだからであって僕がすごいとかでは無いです。

実力は勉強すればちゃんとつきます。

ネットビジネスはゲーム 僕はよくネットビジネスをゲームに例えていて、ポケモンみたいな感じです。

ポケモンってちゃんと育てれば、
戦いに勝てますよね。

もし負けたら育てなおせばいいし、
勝ったら、わーいです。

お金もらえます。

まんまこれネットビジネスなんですよ。

簡単そうじゃないですか?

勉強して自分のレベルを上げれば、
勝てる世界です。

しかも普通のゲームと違って、
うまくいけば本物のお金がもらえる。

こんな面白いゲームは無いです。

所詮ゲームなんで、
ネットビジネスって地味だし、
1人で出来て人脈も経験も何もいりません。

空いた時間にやるのもいいし、
引きこもってやってもいいし、
歩きながらやってもいい。
(ダメか笑)

それでもその世界を少しづつ広げていくと、
月収10万円とか100万円の世界にたどり着きます。

僕も最初は何もなかったけど、
ここまで来れました。

あ、肝心のネットビジネスが何なのか説明するの忘れてました。
僕、ものをすぐに忘れるんですよね。
危ない危ない。

ちょー簡単にいうと、
ブログを書くだけです。

ここからは僕の今までの物語を紹介します。

ゲームであるネットビジネスに、
追い込まれるところからスタート。笑

ネットビジネスに追い込まれる ときは、僕の浪人時代の夏。

あーかったりー。

そう言いながら、
ガンガンに冷えた部屋で
僕はダラダラとパソコンをいじっていた。

このとき、僕は浪人生。
予備校に通っていた。

なのに家にいる。

なぜか?

それは、
ダルいから。

はじめにいっておくと、
僕はめんどくさがりだ。

予備校にいくのも
めんどくさくて授業を切ったりしていた。

典型的なダメ浪人生だ。

話を戻そう。

パソコンでやっていたことは、
主にネットサーフィンやyoutubeの閲覧。

そんなことで1日の大半を過ごしていたら、
だんだん湧いてくる。

後ろめたさが。

それでも勉強をする気にはなれなかった。

だから、僕はせめてもの思いで
インターネットサーフィンをしながら
色んな勉強法を調べては満足していた。

僕は自分に言い聞かせていた。

「勉強法の勉強をしてから、勉強しよう」

たしかに、この考えも一理ある。
勉強をいくら頑張ったところで、
やり方が間違っていれば成績は伸びない。

だけどもう十分だった。

ある程度正しいやり方を
僕はもう知っていた。

そんなときだった。

僕がインターネットビジネスのことを
知ったのは。

よりによって、
浪人中に見つけてしまったのだ。

こんな楽しいゲームを。

「インターネットビジネスをちゃんとやれば、月収100万円は余裕。」

なんて文言が載っていた。

どうやら、
この人は年収1億円らしい。

どう考えても怪しかった。

1億円なんて個人で稼げるのか?
月収100万円だって、きつくね?

そう思ったけど、
とにかく暇なのもあったし、
ブログをのぞいてみた。

そこには、
僕の知らない世界が広がっていた。

具体的に何をどうすれば、
ネットで稼げるようになるのか。

全て書いてあった。

今すぐにでも、
始められる内容で、
ワクワクが止まらなかった。

でも今は浪人生。

そんなことを始めてはいけない。
そう言い聞かせて僕はパソコンを閉じた。

だが、それからというもの
勉強が手につかなくなった。

どうしてもあのネットビジネスというものが気になって仕方がない。

なので勉強をしながらも、
そのブログをちょこちょこ訪れていた。

勉強が進んでないことは、
明らかだった。

自分でもそれが分かっていて、
謎に追い込まれていた。笑
(当時は真剣に悩んでいた)

精神がやられた日 そんな日々を過ごし、
気がついたら秋になっていた。

受験を経験したことのある人なら、
分かると思うが、秋はもう終盤。

ここでの実力が、
本番での実力と思っていい。
と言われていた。

しかし、
秋に受けた模試の結果は、
散々なものだった。

模試の結果を受け取ったとき、
唖然とした。

全く成績が伸びていない。
しかも現役のころと何も変わっていない。

その事実を知って、
浪人してからの時間が全て無駄のように思えた。

当然親にも見せたら、
激怒された。

それからというもの、
家が家じゃなくなった。

本来、家は安らげる場所だ。

でも僕の場合は違った。

家にいると、親から
とてつもない圧力がかけられる。

圧力というと、
大したことなさそうだが、

罵声というか、
ヒステリックというか、

とにかく精神的に追い詰めてくる。

今考えると、
僕の精神がやられる前に
親の精神がやられていた気がする。

それだけ僕の親は、受験に対して過剰なほど神経質になっていた。

さらに僕は1日の中で、
誰とも一切の会話をしないことも多かった。

会話をする相手といえば、
友達・親・予備校講師くらいだが、

僕にとっての選択肢はほぼ1つで、
予備校講師しかいなかった。

友達がいなかったわけではないが、
僕は受験を成功させたいがために
関わりはなるべく避けていた。

親は言うまでもない。
会話をしようとすれば、
何かにつけて攻撃してくる。

そんな環境にいれば、
僕の精神も危うくなっていた。

眠れない日々も続いたし、
なおさら勉強に手がつかなくなっていた。

今思うと、
この時期が人生で1番辛かった。

本気の美しさ きたる冬。
センター試験まで1か月ほどしかない。

当たり前だが、
ネットビジネスなんてその頃には、
頭から完全に飛んでいた。

やばかった精神状態は、
限界をこえて開き直っていた。

「もうここまできたら限界まで勉強しよう」

そう思って、
僕は浪人中はじめて全力で勉強した。
(色んなことが起きてたけど、全ては自分が全力をだすためのものだった。)

家は睡眠場所と割り切った。
(家に帰れば、ダラけていたからヒステリックな親のおかげで滞在時間を減らせた笑)

心も体も全てのベクトルを、
勉強に向けて注いだ。

そして、センター本番。

僕が会場に向かうバスのなかで、
ある感情が当然溢れだした。

感謝 予備校の先生や親、友達、
関わった人全ての対する感謝。

綺麗ごとじゃなくて、
初めて心から感謝の気持ちが湧き出てきた。

光が僕の中に注ぎ込まれる瞬間だった。

それまでずっと暗い闇の中をさまよっていたからこそ、とにかくあったかかった。

まずい。
思い出しながら書くだけで、
泣きそうになってくる。

実はそのときも、
なぜか泣きそうになっていた。

莫大なエネルギーが自分の中に入ってくるような、そんな感覚でもあった。

そして僕は確信する。

これはいけるな。

いけるだろうではなく、
もう既にいけたなみたいな。
そんなよく分からない感覚だった。

今でもよく説明はできないけど、
必ずうまくいくことを
その瞬間に確信していた。

そしてセンター試験本番を終え、
結果を見るとありえないくらい高い点数が取れていた。

当然今までの中の最高点だったし、
自分の目を疑った。

本当にこのときは、
飛び上がるほど嬉しかった。

というか、実際に飛び上がった笑

しかし、
ここで僕の悪いクセがでた。

安心してしまったのだ。

センター試験の後、
2時試験というものを控えていたのに、
僕は気を抜いた。

そして本試験では惨敗。

結局、センター利用で私立へ。

そして東京にやってきた。

年収1億円の経営者との出会い 晴れて受験を終え、
スッキリしていた僕は思い出してしまった。

そう。

「ネットビジネス」

僕のことを散々狂わしてくれた、
ネットビジネス。

でも前々から興味がハンパじゃなかったから、とりあえず始めることにした。

例の年収1億円ブログを見ながら、
自分のブログを新しくつくってみた。

設定とかは大変そうに思えたけど、
1日あれば十分だった。

ネットビジネスの勉強もしたかったから、
年収1億円ブログのメルマガにも登録した。

それからというもの、
ビジネスの勉強はしていたが
ブログを書くことはなかった。

そんなある日、
メルマガで懇親会の案内が流れてきた。

その時は初心者だったし、
怖かったけど僕は参加することに決めた。

そして当日。

例の年収1億円経営者とついに対面した。
存在感がすごかった。

その人と話をすれば、
何か得られるだろう。
と思っていたが、

何もまだ始めてないことを言うと、

「まず始めようよ。
そうじゃないと、何の意味もないよ。」

とだけ言われた。

そこで僕は気づいた。

僕はその人に全て助けてもらえると思っていたんだ。これは依存じゃないか。と。

これは懇親会での最大の収穫だった。
(今思えば当然だけど、やるのは自分。)

新たなるスタート それから家に帰って、
ついにブログを書き始めた。

教材もいくつかそのとき持っていて、
それで勉強しながらやっていた。

が、

うまくいかない。

なぜだ。

この教材が悪いのか?
じゃあこっちの教材はどうなんだろう。

またそっちに書いてあることを試す。

が、

うまくいかない。

えーーー、なんでだよ。

じゃあこっちは?

なんて言う風に、
完全に迷走していた。

(これは俗にいうノウハウコレクターという状態。ノウハウをコレクトするのが、
一種の楽しみになっている笑。これを見てくれているあなたはぜひ気をつけてほしい。)

思えば、
受験のときもそうだった。

色んな参考書を集めては、
どれも中途半端で終わっていた。

で、どんなときに成績が上がったのか。

考えたらすぐに答えは出た。

「1つのことに絞って取り組む。」

よし。

これが良さそうだから、
これに決めた。

そう思って、
僕は愚直にその教材の内容を
インプットした。

何回も何回も
反復しまくった。

と同時に、
その教材のとおりに
ブログも書いていた。

でもブログだけでは、
最初全然アクセスは集まらない。

ブログだけ書いていても、
アクセスが来るのは半年と言われている。

だからツイッターを使って、
そこから人を集めることにした。

それらが上手くいき、
2週間ほどで2万円を稼ぐことに成功!

このときはマジで嬉しかった。

ネットで本当に稼げるんだ!
と実感しましたね。

それまでは、
なんというか半信半疑の状態だったので。

ここから僕のネットビジネス人生は、
大きく前進!

とはいかなかった、、笑

迷いから生まれた真の目的 そこである程度稼いだ僕は、
迷い始めます。

世の中のネットビジネスをやっている人たちって、お金だけが目標になっている人多いけどそれで幸せなのか?

例えば月収10万円言ったとしたら、
次は100!

それを達成したら、
次は500!、1000!、、、、、

これってキリがなくないか?

そもそも何のためにお金を稼いでいるんだ?

そして僕が今やろうとしていることって、
まさにこれじゃん。

あーーー、なんか違くないか。

そう思った僕は、
ネットビジネスをすぐに放棄しました笑

当時、仕組みを作れていなかったので
労働が多かったのも原因の1つ。

そして、僕が思ったこと。
お金稼ぐならバイトでいいじゃん!

その後、数ヶ月バイトだけで生活。

それで気づいた。

このままじゃ自分は成長しないぞ。
なによりバイトしてても楽しさが少ない!

その期間のおかげで
改めて考えることとなった、

僕がネットビジネスをやる理由。

1、自分の成長のため
2、楽しいから
3、お金

究極これしかない。

1つは自分の成長。
自分のレベルが上がっていく感覚が
何より楽しい。

普通に生きていたら、
こんな成長することってないと思う。

2つ目は楽しいから。
この楽しさは新しいことにどんどん触れていく楽しさ。
自分の周りの人のレベルが上がっていくのもそう。

最後はお金。
なんだかんだお金の面は大きい。
ただそれだけがモチベーションになるわけではない。

結局僕のモチベーションは、
やってて楽しいかどうか。

そして僕にとっての楽しさとは
世界が広がる瞬間。

未知の世界に触れたときの
ワクワク感はやばい。

僕がネットビジネスをやる理由はこんな感じです。

僕が最後に伝えたいこと というわけで、
僕の理念「世界を広げる」が
生まれるまでの話をしてみました。

なぜか受験の話の方がボリューム出ちゃってますが、それほど受験を通して僕が得たものは大きかったです。

自分1人じゃなんもできないということ。

そこに気づけただけでも、
十分すぎました。

もしあのまま行ってたら、
人に対する感謝とか
根本的に大切なことが分からないまま、
きていたかもしれません。

正直、
受験してるときってマジで辛かったし、
何でこんなことしてるのか
分からなかったけど、

この経験はホントに今でも生きていて、
僕の理念にも繋がってきてます。

僕は自分の世界を広げるために
このブログをつくったし、
自由な生き方をする人がもっと増えれば楽しいな。
と思ってます。

ただ、自由な生き方をするにはお金がいるわけで、それを満たせるのがビジネスなんですよね。

僕なんかお金ほしーーーってそれだけ思って、ビジネス始めました。

最初は高尚な理由なんてないし、
そんな必要無いと思ってます。

先ほども話した通り、
その先にもっと違う楽しさがあるのは、
やって初めて分かりました。

その中の1つが、
本気になることの楽しさ。

本気が楽しいなんて、
今でこそ言えてますが、
昔は全然でした。

いつしか手を抜くことばかり考えるようになって、自分が本気になって何かに取り組むなんて皆無。

本気になったら、
自分の実力が知れてしまう。

それでしょーもない結果しか出せなかったら、どうしよう。

そんなことに怯えていたんですよね。

いや、でもしょーもなくて
よくないですか?

それを認めなきゃ先に進めないし、
変なプライド持っててもロクなことがない。

昔の僕はプライドの塊だったけど、
そんなもの持ってても無意味だということに気づいて、速攻で捨てました。

そしたらすげー楽になったし、
今の自分を認めて、
他人から素直に学べるようになって、
結果もすぐにでた。

とは言っても、
今でも僕はまだまだです。

だからこそ勉強するし、
本気で上を目指してます。

いやーまじでね。
本気になるのってくそ楽しいんですよ。

何回も言うけど笑

なんとなくずっと生きてたから、
その良さが分かるんですよね。

少なくとも大学に入学してから、
ビジネスを始める前までは
ただぼんやりと日々を過ごしていました。

とにかく、
死ぬほどつまらなかった。

ただただ時間だけが過ぎていく毎日。

それからネットビジネスに出会って、
僕の人生はめっちゃ変わりました。

そういった楽しさをみんなで共有して、
世界を一緒に広げていけたら嬉しいです。

最後に。

僕の無料メールマガジンでは、
インターネットビジネスを成功させるための具体的な手法や、
考え方を配信していきます。

ブログでは言えないような核心に迫ることを書いていきます。
もちろん無料なので興味あればどうぞ。

無料メルマガ登録はこちら